依存症まとめ

恋愛で依存症になりやすい人の特徴とは?原因と克服法をまとめた

Pocket

様々な依存症ってありますが、誰しもが何かしらの依存症を患っているのではないでしょうか。

 

また、依存症になりやすい人っていると思います。(私ですが)

 

色々な依存症がある中で今回は「恋愛の依存症」についてご紹介します。

 

おそらく依存症の中で一番依存している人口が多いのではないかと思います。

恋愛で依存症になりやすい人の特徴と原因・克服をまとめました。

 

いっぱい当てはまってる!と思ったら一緒に克服していきましょう!

 

恋愛で依存症になりやすい人の特徴とは?

恋愛依存症とは?

まず恋愛依存症はどういった特徴があるか分かりますか?

字の如く、恋愛に依存してしまうことです。

具体的にどんな症状になるかと言うと、

 

  • 相手のことばかり考えていて、他に手が付かない
  • 相手の行動を常に把握していないと心配
  • 相手を束縛して思い通りにさせたいと思う

 

こんな感じに、自分の全てが恋愛・彼や彼女のことになってしまうことです。

特に女性が多そうですね。

 

最初は相手に依存することが、可愛いとか思われるかもしれませんが、依存症の人はだいたい行動がエスカレートするので、相手に不信感を抱かせたり拒絶されてしまうこともあり恋愛が上手くいかなくなってしまいがちです。

 

ではどんな人が恋愛依存症になりやすいのでしょうか?

恋愛で依存症になる人の特徴とは?

恋愛で依存症になる人の特徴は、

  • 自分に自信がない
  • 自分の気持ちをはっきり言えない
  • 相手に尽くしがち
  • 流されやすい

など、一般的に「いい人」と思われる人です。

 

しかし悪く言えば自分が無い人です。

 

自信がないので相手に尽くしがちですが、実は尽くしながら自分の思い通りにさせたいのです。

私はすっごく当てはまる事が多いですね( ;∀;)

 

いろんな依存症がありますが、おそらくだいたいなりやすい人の特徴は一緒です。

依存症に陥ってる間は自分の人生もしっかり歩めていないのです。

 

少しでも自分の人生を素晴らしいものにするべく、原因を知って克服していきましょう!

恋愛で依存症になる原因と克服法とは?

恋愛依存症の原因は?

恋愛依存症の原因として、母親との関係が原因だと言われています。

具体的にどんな事があると依存症になりやすいかと言うと、

 

  • 幼少期に母親に甘えられなかった
  • 顔色を伺い、良い子でいようとしていた
  • あまり褒められる事がなかった

 

このように、幼少期に母親に褒められる事が少なく、自分を受け入れてくれていない寂しさを抱えてしまうと好きになってくれる相手にもっと自分を認めて欲しくて依存してしまうのです。

 

つまりは幼少期の欲求を恋愛の相手にぶつけているんですね!

 

身に覚えのある人いるはずです!

大人になっても恋愛が上手くいかない人は依存症も疑ったほうが良いかもしれません。

 

もし、身に覚えがある方は一緒に克服していきましょう!

恋愛依存症の克服法は?

克服法として一番良いのは親と良い関係を築いてみることをお勧めします。

 

恋愛で何度も失敗した私ですが、なんだかんだでいつも助けてくれたのは両親でした。

大人になって色々話せるようになり、さりげなく幼少期の事を話すと実は私は十分愛されていたことに気づきました。

 

子供の頃は視野が狭かったのと、親も愛情表現が下手だったこともあり、あまり愛されていないと勘違いしていたようでした。

 

そして自己愛性人格障害の夫からの仕打ちによって、私は初めて自分の人生は自分で選んで、もっと幸せになる事を目指せるようになりました。

 

今までは、自分の事より周りの幸せが大事!と自分を押し殺し、生きてきました。

相手に合わせて良い子でいないといけないと無意識に思っていたんですね。

 

気づいた事ですごい成長だと思いましたが、それでも長い間に培われた考え方の癖は直すのは難しいです。

恋愛依存症を本気で治したい

もし、依存症を本気で治したい!と言う場合は、プロのカウンセラーにカウンセリングをする事をお勧めします。

私も自己愛の夫のことでカウンセリングをして、初めて自分の中にも原因があって、夫のような自己愛に引きこまれてしまっていたことに気づきました。

 

その時も原因は幼少期の気持ち、良い子でいないといけないと言う思いが全ての原因でした。

次こそは絶対にいい恋愛をして幸せになりたい!そう思ったら1度でもカウンセリングしてみたらいいと思います( ^ω^ )

 

しかしカウンセリングも相性があります。

カウンセラーが合わなくて嫌な思いをしたと言う話も結構聞いてます。

そんな方にはオンラインでいつでもカウンセリングできるネットのカウンセラーがお勧めです( ^ω^ )

 

ここの良いところは、質問に答えて相談者に合ったカウンセラーを選ぶ事ができると言うところです( ^ω^ )

 

自分にあったカウンセラーがいいものの、そんなカウンセラーを見つけるのってほぼ不可能に近いんですよね。

 

もし、話すのが苦手でから電話のカウンセリングも嫌!と言う方も、メールでのカウンセリングもできます( ^ω^ )

 

悩みを誰かに聞いて欲しいと言うのもOK!

私も夫のことを誰かに聞いて欲しい!と言う気持ちでカウンセリング受けましたから( ̄^ ̄)

 

しかもそれで夫が人格障害者で、私は共依存だと言う関係に気づく事ができたので、プロに話して良かったです。

 

だいぶ心が落ち着いたとは言え、不安になることもあるので、暗い気持ちになったら私も相談してみようと思います!

いつでも、どこでも、安心できるオンラインカウンセリング【cotree】

まとめ

恋愛で依存症になりやすい人の特徴や原因、克服法をご紹介しましたがいかがでしたか?

 

少しの束縛ならいいですが、いつも相手のことばかりで自分の世界が全て相手で回ってる!と思ったら恋愛依存の可能性はかなり高いでしょう。

 

ちょっと自分おかしいかも?と思ったら是非周りに相談したりカウンセラーに話してみると新たな自分に気づけると思います。

試してみてくださいね( ^ω^ )