自己愛性人格障害の夫との事

自己愛性人格障害は本人に自覚は有るのか?夫の場合はこうだった!

自己愛性人格障害は自覚が有るのか
Pocket

自分大好き『自己愛性人格障害』ですが、本人に自覚はあるのか?気になりませんか?

人は社会や学校などの集団生活で人との繋がりを学んでいきますが、自己愛は集団生活が非常に苦手だと言われています。

自分が集団の中のトップでありたい!気持ちが強いため周りに合わせることはできません。

そうなるとどうしても周りとのトラブルも起こしやすくなります。

普通は集団生活の中で上手くやっていくために色々気を使うものなのですが・・・。

自己愛性人格障害は果たして自分がちょっと異常だと気づいているのか?

自己愛の元夫の事を詳しくご紹介したいと思います( ^ω^ )

自己愛性人格障害は本人に自覚は有るのか?

自己愛性人格障害は自覚がない場合が多い!

残念ながら、自己愛の方は自分が人格障害の自覚はないのだと言われています( ;∀;)

基本的にパーソナリティ障害者は周りの接し方の特徴として、

コミュニティを破壊するか除外されるかを繰り返しがちです。

その為、長く人間関係を保つ事ができずに基本的に孤独になりやすい方が多い傾向にあります・・・。

通常ですと何か人間関係でトラブルがあった場合は、自分に問題があったのか振り返る事ができ、相手に謝ったり相手に合わせるなど、尊重する事ができます。

しかし自己愛性人格障害然り、パーソナリティ障害の方がトラブルを起こすと、

  • 「なぜ自分が悪者扱いされるのか」
  • 「自分は間違っていない」

という思考になります( ̄^ ̄)

自己愛性人格障害は自覚が有るのか

少しも自分に非があったのではないか?と思う事がないのです(笑)

これは自己愛性人格障害特有の、

自分が正しいという思い込み

が起きている状態です。

相手の立場や気持ちに全く寄り添う事ができないんですね( ;∀;)

 

さらに周りには自分の都合の言いように話すので、当然のように相手からも自分が望む意見が返ってくるようになります。

そして益々「やっぱり自分は正しい!周りがおかしい!」となるのです(笑)

これは夫もこの傾向がありました。

トラブルの内容もこちらが聞いてもないの話し始め、自分の正当性をずっと話していました。

そしてその内容に対して共感しないと、こちらが悪者になるのです( ;∀;)

「いつも俺の意見を否定する!」と(笑)

自己愛はイエスマン以外は敵になります。

もし周りに自己愛性人格障害がいたら、程よく共感しておきましょう。

しかし自己愛の方は、あまりに共感しすぎると「あの人も同じ意見だったよ!」とトラブルに巻き込む危険性があるので、一番はあまり関わらないのがいいかもしれません( ;∀;)

自己愛性人格障害の夫のは自覚があったのか?

自分はおかしいかも?という自覚はあり

自己愛性人格障害は自分が自己愛だという自覚が持てないと言われていますが、元夫は

『自分は少しおかしいかも?』という自覚はあったように思います。

これは本人自ら言っていたので間違いないです( ^ω^ )

なぜそう思うのか聞きませんでしたが(聞けばよかったですw)おそらく、

相手の気持ちが分からない

と思っていたからじゃないかと思います。

元夫は私がムッとする事をよく言っていました。

私も言われっぱなしでは無いので、喧嘩にならない程度に反論していました。

しかし元夫はなぜ私がムッとするのか、嫌な気持ちになるのかが理解できない事が多々ありました。

その度に喧嘩にならないように詳しく説明し、元夫も「なるほどね」と言っていましたが、本当に理解したのかは謎です(笑)

自己愛性人格障害の夫

元夫は自分が共感性が無い、人に何かやってあげたい気持ちが欠如している自覚はあったようで、発達障害のチェックをした事がありました。

しかしチェックに引っかかる事はなかったです。

もし、当時自己愛性人格障害を知っていたら元夫は変わったかもしれません。

今では離婚したので元夫には自己愛の事は教えられません。

きっとこれからもコミュニティーを破壊しながら最終的に孤独になると思われます。

カウンセラーも自己愛性人格障害は治りにくいと発言

カウンセラーに夫の事を相談し、パーソナリティ障害を知った時、治る事はあるのか聞きました。

カウンセラーは「よくなりますよ」とは言っていましたが、自らカウンセリングに来る人は少ないとし、パーソナリティ障害の周りの人が気づいて連れてくる事が多いようです。

しかし、本人はその自覚を持ちにくいため言われても信じず、来ない事が多いみたいです。

夫は昔私のことは「理想化」した存在だったので、自己愛性人格障害かもよ?と言っていたらカウンセリングに来ていたと思います。

しかし現在は「脱価値化」になっているので完全に敵です(笑)

もし早く気づきカウンセリングに連れて行っていたら離婚にはならなかったかもしれません。

私自身も対処ができたでしょうね( ;∀;)

まとめ:自己愛性人格障害は本人に自覚はない!

基本的に自己愛は「自分は変かも?」と思いながらも、「俺は普通と違うから最高だ!」と思っています。

そのため、おかしいかもよ?_と言っても本人は否定されていると勘違いし険悪になるかもしれません。

逆に自己愛が人間関係に悩んでいたら素直に意見を聞いてくれるかもしれませんね( ^ω^ )