自己愛性人格障害の夫との事

自己愛性人格障害の旦那との離婚方法は?脱価値化が解決!?

Pocket

自己愛性人格障害の旦那にもうついていけない( ;∀;)

もう良い加減離婚して自由になりたい!

という奥様は多いはず。

自己愛性人格障害のパートナーとの生活は本当に大変です。

幸せになれないな〜と思いながらも続けていく事で益々泥沼に浸かることになります( ;∀;)

しまいには共依存となり、私のようになかなか離れられなくなるのです・・・。

今回は自己愛性人格障害の旦那との離婚方法についてお話しさせていただきますね( ̄^ ̄)

 

自己愛性人格障害の旦那との離婚方法は?

自己愛性人格障害の旦那との離婚は大変?

自己愛性人格障害と診断されてもその症状は人それぞれです。

他のパーソナリティ障害を併発している事もあるので一概に皆んな一緒ということはないです( ̄^ ̄)

しかし一般的に自己愛性人格障害との離婚は大変だと言います( ;∀;)

自己愛性人格障害の方に離婚を切り出すと、見捨てられたくない気持ちから相手にしがみつき行為をしたり、脅迫したり、恩を着せる行為をしたり必死に離婚されないようにしてきます。

上手く別れないとストーカーのようになったり、周りの人間に悪口を吹き込んだりしてきます( ;∀;)

自己愛性人格障害はすぐなんでも周りに話します(笑)

離婚する!と騒ぎ出した夫は、職場の後輩にもすぐに話して同意を求めたり取引先にまで話していたようです(笑)

離婚話なんて普通は恥ずかしくて周りに話せないはず。

しかし自己愛性人格障害者は黙って要られません。

相手の人格を有る事無い事話して下げる行為をします。

自己愛性人格障害の旦那との離婚方法

そして如何にも自分は被害者のように振る舞い、周りもこう言っていた!お前が悪いんだ!と罪悪感を植え付けるのです。

そのため、自己愛性人格障害の離婚は簡単には行かない可能性があります。

元々離婚は結婚の何倍も辛いと言われますが、自己愛性人格障害者との離婚はその何倍も辛くなります。

しかし、それを乗り越えれば失われていた自分を取り戻す事ができるのです。

絶対離婚をする!という気持ちを保って頑張りましょう!

自己愛性人格障害との離婚方法は?

離婚したいと言うと必死にしがみついてくる自己愛ですが、自己愛から離婚したいと言う事もあります( ̄^ ̄)

しかし大体は相手への試し行為で、相手が動揺したり離婚したくないといえば自己愛の思う壺です。

何か不都合があるたびに「離婚だ!」と言い出してくるでしょう。

逆に離婚だと言われて、「じゃあ離婚しよう」と言っても自己愛が冗談だったなど、としがみつく事がほとんどです。

では一体どうしたら良いのか?

自己愛性人格障害のターゲットから外れるようにしましょう!

つまり、「脱価値化」して相手に嫌われるのです!

 

自己愛性人格障害の旦那との離婚方法は脱価値化が解決!?

旦那からのターゲットに外れる方法!

私は旦那からとても良いターゲットでした。

私は旦那を愛していました。

でも今思えば、親子というか「旦那を育てたい」みたいな気持ちが強かったです。

旦那は何もできない人だったので母性本能が働いたんですね( ;∀;)

そして旦那に対して褒めてばかりいました。

旦那もそんな私に居心地の良さを感じていて、仕事で成功すると子供のように私に報告してくるのです。

旦那からしたら何でも受け入れてくれて自己愛を充たす格好の相手だったと思います。

しかし私は妻なので、褒めるだけでなく意見も言っていました。

元々私は結構主張をする性格で、男性から気が強いとも言われていました( ;∀;)

成長する旦那は認めてもらいたい欲がどんどん大きくなったので、意見を言われる私に嫌気を感じていたみたいです(笑)

私は良くなってほしいから意見を言う。と言う事が旦那にとっては、

意見を言われる→否定されている

と捉えたそうです。

自己愛性人格障害の旦那との離婚方法

次第に旦那は何でも肯定してくれる「飲み屋の女」に心が傾いていきました。

時は流れ、最初は「理想化」していた私は「嫌な女」になってきたようです。

そして、飲み屋の女の存在がバレて私に責められた事で、もう否定されたくない!と、旦那の中で「脱価値化」が起こり、私は見事に大嫌いな相手になりました(笑)

自己愛はターゲットがいないと極端な話、生きて要られません。

長い時間をかけて飲み屋の女にターゲットが移行し、私は必要なくなりました。

旦那から離婚を言い渡され、勝手に出ていきました(笑)

あっさりすぎてこっちが動揺するくらいです(笑)

すぐに離婚できましたが、しっかり慰謝料を取るために弁護士も入れたのでまだ離婚にはなっていません。

しかし第3者も入れたので時間の問題でしょう。

なのでもし自己愛性人格障害の相手と離婚したい場合は、時間をかけて相手を少しずつ否定すると良いのではないでしょうか( ^ω^ )

上手くいっても覚悟が必要!

自己愛性人格障害の相手からあっさり離婚を承諾してくれた!となっても離婚には覚悟が必要です。

脱価値化した旦那は、私の人格を全否定し始め今までの思い出も全て切り捨てるように攻撃してきます。

「結婚したくなかった」

「大して好きじゃなかった」

「居心地が悪かった」

など、あらゆる言葉で攻撃します。

大事なのはその言葉を真正面で受けない事です。

いくら別れたい相手でも今までの思い出を否定されると、心が失われ辛い日々を送るトラウマになります。

よーく考えてみると言っていることは大体子供みたいな内容なのです。

そう、自己愛性人格障害の頭は子供と同じなので受け流すくらいの気持ちでいましょう( ̄^ ̄)

また、周りの友人などにも有る事無い事言われます。

最初は言っている事を否定したかったのですが、こんな時の自己愛の話は大体支離滅裂です。

真に受ける人もいますが、正常な人は信じません。

何を言われても取り乱さずどんとした態度でいて、離婚まで進めましょう。